2019年の株式投資振り返り、高配当投資への切り替えとタイミングの良さが発揮された一年

2019年の取引市場は大納会を残すのみとなっております。
取引を行ったとしても取引分は来年に入りますので2019年分を確認していきたいと思います。

2011年から株式投資を行い、2012年には配当金16,390円だった所から2019年配当金32万円…と思っていたのですが今年前半にマネックスでの取引を行っていた為、配当金としては更に6.5万円程の配当があり、約39万円の配当となりました。

以前はある程度のタイミングで売買を繰り返し、配当を受け取ったりポジションを抑えたり…といったことを続けてきたのですが、このようにブログに書き記していく中でしっかりと投資のスタンスを固めていく必要があると感じ、現在立て直し中です。

2019年の株式投資を振り返ってみる

2019年は上り調子の1年と言っていいのではと思います。
S&P500は年初来+28%となり、アップル(AAPL)は+85.59%となっております。それ以外にもMSFTは+57.11%ですし、FBも+54.7%と米国株は非常に好調な1年でした。

日経225に関しても年初来+23%でした。
今年の頭では暴落がありましたので暴落からの上昇だから当たり前だろと言えなくもないですが、どれかの銘柄に集中保有していた場合かなりの利益が出ているものと思われます。

楽天証券をメインに使っておりますが、そこでの数値としてみると今年度は約43%のプラスとなっております。
確認方法:時価評価額÷入金合計額
(含み益、配当、実現損益を全て含む。)

大元の運用資産が8ケタ前後ではありますので1年でのプラス金額としては大したことはありませんが、それでもただ貯金をするよりは大幅に近道となったのではないかと思っております。

取引での売買はデイor長期スパン

今年度は売買益も多く取れたのが大きかったと思います。

上記売買で今年度利益の半分近くを稼いでいるようなものです。
現時点でも再度仕込んでいるのである程度の所で利確出来れば2020年も弾みをつけられるのではないかと思っております。

しかしながら保有し続けていたら更なる利益を取れた銘柄も多く、利益の最大化の為にはじっくり待つことが大切なんだなと感じております。

損切りした銘柄もありますが、今日現在で見てみると全て利益が出る状態に出来たんですよね実は。

例えばイオンは2,030円で購入し、1,864円で売却しております。
しかしながら現在2274.5円(12月29日現在)となっており、今売却すれば利益が出ますね。
他銘柄を買う為であったとは言え、じっくり待てば利益が取れたのにと思う物も多くあります。

(私自身のメモの為に書いておくと
ユニゾ[3258]3047円で購入:3097円で売却:現在5170円
⇒大失敗の事例です。話題銘柄でしたがこらえ性が無く…

みずほ[8411]184円で購入:157円前後で売却:現在169円
⇒こちらは成功か失敗かも微妙な所ですね。銀行ジャンルは今後も厳しそうなので撤退したのですが苦しい所です。

日産自動車[7201]884円で購入:702円で売却:現在639円
⇒こちらは逃げて成功ですが、落ちるナイフを掴んだ事例です。無理に手を出すと怪我をするなということを実感しました。

プロスペクト[3528]22円で購入:24円で売却:現在29円
⇒9000株も手を出していたにも関わらず半年もの停滞で手放してしまいました。最大33円まで上がっておりましたので10万円程利益を上げられるチャンスがあったのですが、微益撤退という悲しさ。

日本電信電話[9432]5,286円で購入:5,512円で売却:現在2747円(分割前換算5,494円)
⇒こちらは分割に合わせて良い感じに逃げられておりますね。超長期間で見ても大きく上がり下がりしておりませんので再入場して高配当銘柄としてもありだと思います。
どちらにしても今後のチェック銘柄に入りましたね。

トーセイ・リート投資法人[3451]、投資法人みらい[3476]のREITに関してはリートプチバブルによって多少の利益を出させてもらいました。現在は一定金額を継続保有銘柄として確保しております。
みらいに関しては以下の通り、どうなるかな…といったことがあったのですが盛り上がるだけ盛り上がって微妙な感じになってしまったのが残念な所です。

市況に助けられた1年だったことを自覚していく

2019年は年度前半で購入し、年度終盤まで保有(売却)が出来れば大きく利益を取れた1年間でした。

その事を自覚し、私はチキンですので出た利益を高配当銘柄へのシフト等に活用しております。

ボーナスが出たら、売買での利益が出たら、配当金が出たら…といった形で予定外の利益が出た場合は基本的には高配当銘柄等の自力資産の強化に努めております。

つみたてNISAも3月から初めて積み立てていくだけで10%の利益を得られるという素晴らしい結果でした。(ポイントも含めると11%?)

上昇相場では誰でも(売りから入る人を除く)勝つことが出来ますのでその事を忘れないというのが非常に大切です。
また2011年から約8年間株式投資に関わってきておりますが、大暴落にはまだあっておりません。(2018年末の出来事は些細のレベルだとは思います。)
これが良い事なのか悪い事なのかはわかりません。

額が小さい時に大けがをしておいた方が良かったのではとも思いますし、難しい所です。

2020年の投資方針

多少の下落はあるかもしれませんが、額を増やし、投資を継続していくと思います。

その中で米国株と日本株の両輪で、更には株式と債券とリートとバランスよく積み立てていく投資を続けていきたいと思います。
つみたてNISAも毎月積み立てますし、それ以外の銘柄に関しても積み増して行きたい所です。

今年年間39万円だった配当を最低50万円までに上昇させ、売買益も同額程度確保していきたいと思います。

株価の変動はあるかもしれませんが、しっかり利益を稼ぐことの出来る企業に投資をし、利益を積み重ねることが大切だと理解していますのでそれをしっかりと継続していきたいと思います。

※あくまで個人の考えです。株式投資に関しては自己責任にてお願いいたします。

株式投資の為には証券口座が必要です。

楽天証券であればポイントが貰えたり、ポイント投資も可能になってきております。

取引手数料でも安値基準ですので問題はございません。

私もメインで使っておりますが非常に使いやすいです。

まず口座を開設して、1つ銘柄を買ってみないとスタートは出来ないので是非行ってみてください。

勿論口座開設・口座維持費は無料です。

楽天証券

こちらも登録してみました。
皆様も是非使ってみてください。投資家の個人ブロガーの方の記事が載っており非常に勉強になります!

Twitterでフォローしよう