2019年1月末にこんなことがあり、4日連続ストップ安になったのは記憶に新しいです。

試験の結果、有意差を示さず、主要評価項目を達成出来なかった為に販売につなげるタイミングが大幅に伸びることが確定的になった形でしたね。

12,000円を超えていた株価はストップ安が続き、結果的には2,401円までになり、非常に多くの悲鳴が響いていましたね・・・(サンバイオで検索すると今もその名残が残っていますね。)

この急落は本当に見ている中で悲鳴しかあがりませんでした。
持っていなくてこの気持ちだったので、持っていたらと思うと・・・はい。

しかしながらそこから約3か月。

脳機能を再生する治療薬を来年にも販売出来るのでは?とニュースで放送されていました。

【お知らせ】アナリスト/機関投資家向けに外傷性脳損傷プログラム・フェーズ2臨床試験結果に関する説明会を、2019年4月19日(金)16:30から予定しています。


http://www.sanbio.jp/index.html

公式ページでもこういった内容がありますのでしっかりと地固めをして、来年の薬発売に向けて頑張って欲しいですね。
ホリエモンもおっしゃっていました。

何せ脳機能を再生するということですからね。
しかも世界初です。
外傷性の脳の損傷に対して、脳の再生に対して効果がーという感じのようです。

ここまでいくと株価に関してもどこまで上がるかわかりませんね。
ひとまずは2日連続でストップ高でした。


私自身も少々株を持っていますのでニュースに触れさせていただきたいと思い、書いてみました。

Twitterでフォローしよう