noteとは

note.mu

全ての人間が、クリエイターとして、自分のメディアとしてコンテンツを発表出来るプラットフォームとしてnoteを活用されている方がかなり増えているように感じますが、noteでは何が出来るのでしょうか。

f:id:aquacats:20190216132309p:plain

noteでは

みなさんにnoteを使っていただくにあたって、何よりも優先していただきたいポイントが2つあります。

 

・創作を楽しみ続けること

・ずっと発表し続けること

 

上の2つは、ページビューを増やすことよりも、お金を稼ぐことよりも、あるいはフォロワーを集めることよりも、何よりも大事なことです。

出典:note

とあります。

何より楽しく書き続けられるという意味ではブログもnoteも同じかなと思いますが、その創作物に値段をつけてやりとりも出来るのです。

よく見るのは文章の商材です。(わたしがこの界隈にいるからかもしれませんが。)

そして小説や漫画も出ているようです。

値段をつけるものと、つけないものを選べるということは、よくある漫画1巻だけ無料で読めますよということが出来るということですね。

更にその漫画がどのように出来たか、

どういった設定があるのか、

メインの話に付随するサブストーリーだけ読める、

そして作者の通常のブログとして、

全ての作業をnoteの中で完結できるということかなと思います。

そういう意味では

【クリエイターである】

または

【一定数のファンがついている】

ということが必要なように感じました。

何もしていない人が出している有料の文章(または絵等)を欲しがるでしょうか。

そういう意味ではある程度別の場所で実績を重ねて、積み上げたものを【noteで活かす】という流れが一番現実的なのかなと感じました。

・ブロガーで儲けるなら有名ブロガーにならなければ難しい。

・ある程度の記事があり、ある程度の知名度・アクセスがある方がとっておきの記事を有料化してみる。

ということが通常の流れかなと思います。

私自身も感じていますが、

今後の社会では

【現実世界だけでなく、仮想世界をメインに活動することも容易になる】

そして

【個人同士でのやり取りがメインになっていく】

ということが大いにあると思っています。

そういう意味では

【個人を丸ごとコンテンツ化する】

ということは非常に大切になると思います。

自らに何が出来るのか、

自らは何が得意なのか、

それをもって、世界に対してアプローチが出来るのか、

といったことです。

私自身も何が出来るのかわかりません。

お得な事をここに書き記し、

自らのお金の様子を書き記し、

それを誰かと共有することしか出来ないかもしれません。

爆発的に興味を持たれるような投資での大損害も出来ないでしょうし、私しか持っていない情報を落とすことも出来ないと思います。

それでもこの時代を生きていくという中では様々な可能性を探るというそれ自体が楽しみになって、趣味になる。

そして最終的にそれが仕事になって、色々な人と触れられたら楽しいなって思います。

まぁ何が言いたいかっていうと私にnoteはまだ早い(笑)

ブログをもう100記事ぐらい書いてから出直します

noteを使うとしても試す為にという形になるでしょうね…

(勿論その間にnoteも拡張されていくと思いますのでそこで交わることもあると思います。)

ここまで読んで下さった方でツイッター以外から来た方よろしければフォローお願いします。

ゆうき@節約投資 (@setsuyakutousi) | Twitter

noteも書いてみました。

ゆうき@節約投資@みずにゃ|note

Twitterでフォローしよう