社名はぱっと伝わらないと思いますが、磯丸水産が有名では?と思いますので少しは伝わりますかね…
あとは手羽先唐揚鳥良とかですかね。
東京から離れるとあまりわからないかもしれませんが・・・

磯丸水産は東京、大阪、福岡とかなり万遍なくありますね。

会社名:SFPホールディングス株式会社
必要価格:219,800円(2019年10月4日現在)

SFPホールディングスの株主優待内容チェック

権利確定月:2月、8月

優待内容:お食事券

ご優待内容と贈呈時期

 
株主優待おススメ度:★★★★☆

ご優待券見本


100株がお得ですが、500株で10,000円貰えるとかなり驚きますね。1,000株でも20,000円です。
もう少し増えてくれたら株数を増やしたくなるのですが…

優待利回り
100株:約3.6%
500株:約1.8%
1,000株:約1.8%

結構魅力的だと思うんですよね。
磯丸水産推しの私からするとランチ4回分ですよ!(

飲みとしていったとしても結構楽しめる金額ではないかと思います。
500株は15,000円ぐらい貰えるなら結構狙いに行きたくなるのですが、利回りが半分になってしまうと悩むところです…


株主優待に関しては、是非自らの生活周りで使うサービスに手を出してみた方が良いと思います。
これにより生活費を下げる為に使ってみましょう。勿論オークションサイト等での売却が出来るものもありますので現金化もありですね。(現在は禁止されているサイトも多くなっておりますのでしっかりとルールを確認の上使ってみてください。)
投資に一番必要なのは原資です。

原資を増やすためには【生活費を減らす】か【給料を増やす】かです。株主優待は【生活費を減らす】為には良いと思いますので組み入れてみてください。

先日ツイッターで話していてもう1つ大切な役割があることに気づきました。
奥様(旦那様)がいらっしゃる方必見です。
こういった優待を貰って一緒に使うことにより投資に対する抵抗感をなくしていくことが出来ます。
これ結構大切だと思うんですよね。「今日はこの株主優待でタダメシさ!」って言ってみてください。「投資も悪くないね」と言われることでしょう!

SFPホールディングスの会社の情報について

会社詳細について:    
直近の売上高(営業利益)
2017年:359.6億円(33.1億円)
2018年:368.4億円(35.3億円)
2019年:377.5億円(29.1億円)

売上は順調に右肩上がりです!
利益は多少落としてしまっておりますが、人件費高騰や原材料費高騰の中、善戦していると言えるのではないでしょうか。


PER:29.04倍
PBR:3.63倍

PER(Price Earnings Ratio)は1株当たり純利益の何倍まで買われているかという指標です。
業績によりますが、15倍以下だと割安と考えられております。

PBR(Price Book-value Ratio)は株価1株当たりの純資産の何倍まで買われているかということで、1倍以下は割安だと考えられております。

ROE(自己資本利益率)は会社がどれだけ効率よく稼いでいるかの指標です。
8%が1つの基準としてそれより上であれば効率よく稼ぐことが出来ているという基準です。

ROEが12.2%と10%も超えることが出来ている為、非常に魅力的ともいえます。

SFPホールディングスの配当について

配当についての考え方としては、以下の通りです。

当社は、株主の皆様に対する利益還元を重要な経営課題と認識しており、経営成績及び財政状態を勘案し、配当性向30%程度を目安として安定的な配当を行うことを基本方針としております。

https://sfpdining.jp/ir/stock/dividend/


()内は1株益です。[]内は配当性向です。
2017年:26円(71.0円)[36.6%]
2018年:26円(100.2円)[25.9%]
2019年:26円(75.7円)[34.3%]

上記にある通り、配当性向30%程度を目安として行っておりますね。飲食という業態上これ以上稼ぐのは厳しいのでは?ということで増配については考えにくいかなと思われます。

SFPホールディングスの株価について

チャート画像
5年期間です
チャート画像
2年期間です

1,500~2,500円・・・という少し広めのレンジですね。
しっかり安い所でつかむことが出来れば非常に魅力的に思われます。
212,000円で買うことが出来れば配当+利回りで5%になりますのでそのあたりが基準になりますでしょうか。

SFPホールディングス保有に関して

ホタテ焼いて食べるのすっげえうまいっすよ!

と突然の絶叫です。いや、ほんとここ好きなんですよ個人的に。

まぁそれはそれとして保有に関してです。

売上は伸ばすことは出来ておりますが、利益を落としてしまっている為やや利益確保が苦しくなっております。

飲食店全体に言えることですが、原材料の高騰と人件費の高騰が非常に厳しく感じますので長期でほっておいたら大変なことになっていたという事もあり得る為注意が必要です。

特に人件費に関しては東京を例に挙げてみますと2010年は821円だったことをご存知でしょうか?2015年は907円に上がり、2019年に初めて1,000円を超え、1013円になりました。
あっと言う間に20%以上上がっており、アルバイトを雇っているところは全体として非常に苦しくなっているのではと思います。

どんどん伸びる最低時給

しかしながら看板を固定化することなく、常に変化している為陳腐化することはあまりないのではと思われます。
客単価等もあまりに安くなり過ぎはしないと思いますので期待できるのではと思われます。

※あくまで個人の考えです。株式投資に関しては自己責任にてお願いいたします。

株式投資の為には証券口座が必要です。

楽天証券であればポイントが貰えたり、ポイント投資も可能になってきております。

取引手数料でも安値基準ですので問題はございません。

私もメインで使っておりますが非常に使いやすいです。

まず口座を開設して、1つ銘柄を買ってみないとスタートは出来ないので是非行ってみてください。

勿論口座開設・口座維持費は無料です。

楽天証券

こちらも登録してみました。
皆様も是非使ってみてください。投資家の個人ブロガーの方の記事が載っており非常に勉強になります!

ここまで読んで下さった方でツイッター以外から来た方よろしければフォローお願いします。

ゆうき@節約投資 (@setsuyakutousi) | Twitter

noteも書いてみました。

ゆうき@節約投資@みずにゃ|note

Twitterでフォローしよう